施工サンプル
庭まわり
アプローチ・ポーチ
玄関・門扉
駐車場まわり
テラス・ベランダ
その他
お客様の声
ホーム > 豆知識 > 防犯サポート

Security

もしもの防犯サポート

侵入犯は、人通り・侵入しやすさ・逃げやすさなどを見極めるため、犯行前にあらかじめターゲットとする家の下見をしているケースがほとんどです。

「うちは盗まれるような物なんてないから大丈夫」と油断してはいけません。

防犯のために、お庭づくりの観点からできることはしておきましょう。

空き巣の嫌う点  
音・光・時間・目
音が出るものを空き巣は好みません。 (防犯ブザー)
死角があってもそこが明るければ空き巣は入りにくくなります。
(セキュリティーライトや人感センサーライトなど)
玄関ドアなど、鍵は簡単なものではないですか?空き巣は侵入するまでに時間がかかるのを嫌います。
侵入するのに時間がかかると空き巣は侵入を諦めるといわれています。
(鍵は一つにせず、窓にもホームセンターなどに売っている防犯用の鍵を取り付ける。
ガラスが簡単に割れないようフィルムを貼るなど)

周囲からの見通し
適度な視界を設ける。
(人がいるのがわかるようにする。高すぎる塀や植栽は設けないなど)
クローズな外構ではなく、適度にオープンな外構を考える。

 
空き巣の好む点  
物置など、2階に上がりやすい所に足場がある
2階は油断して施錠を忘れがち。
また、「まさかこんなところから入るわけがない」と油断して、換気の為に少し開けて出かける方が多いと思います。
しかし、空き巣は2階であろうと、足場のあるところからあがってくるのです。

隠れる場所や死角がある
「通行人に覗かれるから」、「中から通行人が見えるのが嫌だから」と高い塀や高い植え込みにしてしまうと、確かに中は見えません。
しかし、それは自分にとって都合がいいのと同時に空き巣にも都合がいいのです。
高い塀があれば、通行人が来たらしゃがめば見えません。
それに死角があれば、空き巣が庭にいても気づかずいつものように外出してしまいます。
宅急便の人が来ても、空き巣が死角にいても気づかず帰ってしまうでしょう。

家の外周の地面がコンクリートのみ
「草が生えたら面倒」、「お隣さんが近いから泥棒が来ても大丈夫」「雨が降ったらぬかるむのが嫌だ」と
家の外周の地面はついついコンクリートにしてしまいがちですが、これは空き巣にとっては好都合なのです。
隣に人がいても、コンクリートだから足音を出さずに忍び込めるのです。
逃げる時にも、コンクリートなら音を立てずに逃げる事が可能です。
侵入犯はこういった侵入のしやすさを確認し、狙いを定めます。

空き巣の嫌う点
音・光・時間・目
音が出るものを空き巣は好みません。 (防犯ブザー)
死角があってもそこが明るければ空き巣は入りにくくなります。
(セキュリティーライトや人感センサーライトなど)
玄関ドアなど、鍵は簡単なものではないですか?
空き巣は侵入するまでに時間がかかるのを嫌います。
侵入するのに時間がかかると空き巣は侵入を諦めるといわれています。
(鍵は一つにせず、窓にもホームセンターなどに売っている防犯用の鍵を取り付ける。 ガラスが簡単に割れないようフィルムを貼るなど)

周囲からの見通し
適度な視界を設ける。
(人がいるのがわかるようにする。高すぎる塀や植栽は設けないなど)
クローズな外構ではなく、適度にオープンな外構を考える。

 
空き巣の好む点
物置など、2階に上がりやすい所に足場がある
2階は油断して施錠を忘れがち。
また、「まさかこんなところから入るわけがない」と油断して、換気の為に少し開けて出かける方が多いと思います。
しかし、空き巣は2階であろうと、足場のあるところからあがってくるのです。

隠れる場所や死角がある
「通行人に覗かれるから」、「中から通行人が見えるのが嫌だから」と高い塀や高い植え込みにしてしまうと、確かに中は見えません。
しかし、それは自分にとって都合がいいのと同時に空き巣にも都合がいいのです。
高い塀があれば、通行人が来たらしゃがめば見えません。
それに死角があれば、空き巣が庭にいても気づかずいつものように外出してしまいます。
宅急便の人が来ても、空き巣が死角にいても気づかず帰ってしまうでしょう。

家の外周の地面がコンクリートのみ
「草が生えたら面倒」、「お隣さんが近いから泥棒が来ても大丈夫」「雨が降ったらぬかるむのが嫌だ」と
家の外周の地面はついついコンクリートにしてしまいがちですが、これは空き巣にとっては好都合なのです。
隣に人がいても、コンクリートだから足音を出さずに忍び込めるのです。
逃げる時にも、コンクリートなら音を立てずに逃げる事が可能です。
侵入犯はこういった侵入のしやすさを確認し、狙いを定めます。

防ぐ方法

   
周囲からの見通しをよくする。
高い塀や垣根、植木、ガーデニングには気をつける (隠れ場所や死角を作らない)
植木を低く、見通しを良くする。植栽の配置、手入れに気を配る。
庭や家の外周に砂利を敷く。
物置など、2階のバルコニーに届きそうな所には置かない。
庭園灯を点ける。
センサーライトを付ける。
   

庭史景観研究所は、プライバシーの保護・防犯面での対策の両面に配慮した外構デザインをご提案いたします。

安心・安全な暮らしのため、お庭やエクステリアをこの機会に一度見直してみませんか?

ページトップボタン